2007年10月、ピアノボーカルグループJULEPSのメンバーとして秋元康氏プロデュースの下「旅立つ日~完全版」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。

デビューシングルは15万枚を売り上げ、めざましテレビへの出演を始め、数々のメディアに取り上げられる。

 2008年5月には世界的に有名なピアニスト”リチャード・クレイダーマン”の日本デビュー30周年記念アルバム『栄光の軌跡』で「旅立つ日」がカバーされ、Bunkamuraオーチャードホール公演で共演を果たす。
「旅立つ日」はクリス・ハートDebut Single「home」、1stALBUM「Heart Song」にも収録されている。

その後、アニメ「ヤッターマン」のエンディングテーマ「皆既日蝕」やウェディングソング「バトンタッチ」を発売。


2008年12月にはアルバム「旅立つ日」を発売。


2012年11月、JULEPSとしての活動を休止し、2013年より本格的にソロ活動を始める。

2013年8月、ソロ1stミニアルバム「all right!」、同年10月、ピアノコーラスグループ”Psalm”のプロデュースによる「恋文 / 246」発売。


音楽活動の傍ら、写真やデザインも手がけ、ワイヤークラフトワークショップ等も開催している。

2010年8月よりFM浦和REDSWAVE(78.3MHz)で自身がパーソナリティーを務める「有尾文也のアリオリズム」も放送中。